from:::depth;


by heauton
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ移転

こちらへ移転。
[PR]
# by heauton | 2010-07-24 14:23

記事内のテキスト広告

記事内のテキスト広告表示がはじまりました
記事アップしたら広告が付いていて気がついた。exciteプログは2004年!から特に理由なく選んだのだが、やはり広告は見栄えが嫌だね。tumblrに絞ろうかしら。
[PR]
# by heauton | 2010-07-17 14:36

ナッシュ均衡

ビューティフル・マインド [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

数学者ジョン・ナッシュのお話し。もう少し数学の内容を盛りこんで欲しかったが、映画では難しいか。奥さんのアリシア役がジェニファー・コネリー。Jennifer Connellyの綴りでSean Conneryとは全く関係ないことがわかる。旦那が共演したポール・ベタニー(ルームメイト役)で、そういえばこの人ダ・ビンチ・コードのシラス(狂信的僧)でしたね。色が白い。

インフォーマント! [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

マット・デイモンが虚言癖の中年のオヤジ役。ハラがでてるし、自分のお肉?実話半分脚色半分の企業カルテルだが、味の素が普通に実名ででてる。マット・デイモンの独り言ナレーションがはいる作りは、日本では受けない感じ。
[PR]
# by heauton | 2010-07-10 14:02

映画めも

スキャナー・ダークリー [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

とくに期待しないでみたらヤラレタ。フィリップ・K・ディックの小説を実写→アニメでトレースという手のこんだ手法で制作、アニメ化の制作場面みたらほんと手描きでトレースしてた。ウィノナ・ライダーをじっくり見たの初めてだが、スター・トレックXIでスポックの母親役をやってた。
気付かなかった。
a0017888_11503561.jpg


アバター [初回生産限定] [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

結局映画館では観なかったので、普通にDVDで鑑賞。圧倒的なクォリティーの前にゴメンナサイというしかない。
エンドロールのコリン・ウィルソンにちょっと驚いたが、別人ですよね。ネットで調べたけどいまいち情報が錯綜してる(笑)


サロゲート [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

こちらもジャンルとしては文字通り「アバター」もの。カスタム可能な自分の分身を遠隔操作している近未来。結果、町には美男美女しかいないという面白い光景。ブルース・ウィリスの若作りも楽しい。
[PR]
# by heauton | 2010-06-13 11:56

bible

世紀の相場師ジェシー・リバモア (海外シリーズ)

リチャード スミッテン / 角川書店

絶版だったが昨年増刷されていた。
最後の付録の13ページだけでも奥義たる所以がわかる。書店に山とある有象無象の投資クズ本をすててこの13ページだけでも読もう。
[PR]
# by heauton | 2010-03-30 23:54

初期不良?

MOLESKINE モレスキン Folio フォリオ 付箋セット
銀座伊東屋で先行販売していたのでふせんセット購入した。全部で三箇所にふせんがあるのだが、そのうち左上のやつがのりの部分が上向きだったorz
たぶん交換対象となるが、めんどくさいので手で裏返した。。。
MOLESKINEって高額でそれをマーケティング的に売りにしているが、個人的には携帯用のノートが頑丈でよいぐらいで、その他のものはやや微妙(重い、紙質が独特)。。

Filing products for your home or office

最近のヒットが「マニラフォルダー」。
これは日本では製造されていないので輸入ものになるが150枚入りで1450円と不安になるくらい安い。
だが使用すると柔らかい手触りがなんともいえず手放せない。安いのでまったく気兼ねなしに使えて満足度高し。

安いけど使い心地抜群なものは、他にBigのボールペン(80円)とかぺんてるのサインペン(100円)などある。
高額の文房具は購入時の満足度は高いかもしれないが、それが必ずしも使用時にも継続するとは限らない。
[PR]
# by heauton | 2010-03-27 19:09

よさそう

誠 Biz.ID:仕事耕具:“とじていない”は初めて——MOLESKINEのバインダー、フォルダー、付せん

[PR]
# by heauton | 2010-03-19 23:00

煤煙

煤煙

昨日、近所の例のA書店にてO氏と突撃した際に購入。
作者が平塚らいてうと心中した事件を書いたもの。
指導したのが漱石。スキャンダル本のはしりかな。
しかしこの岩波文庫バージョンには漱石の序文がねえぞorz
ということでリンク。
「煤煙」の序
流石は漱石、いろいろ難癖つけてる。
其裏面に追随する長所に至つては、読者の一見してすぐ気の付く事のみだからわざと略した。
偉いよ。
[PR]
# by heauton | 2010-03-07 23:55

映画めも

20世紀少年 第1章 終わりの始まり

VAP,INC(VAP)(D)

なんでしょね、大阪万博の世代ならいいのかもしれないが、どうも感覚がわからん。続きがあるらしいけどパス。

アイアンマン

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

シンプルでいいよね。でもVFXはきっちり金かけてる。戦闘機とドックファイト中の少佐との掛け合いが一番好きなシーンだ。
[PR]
# by heauton | 2010-02-28 23:51

「書物」

書物というものは、なくては淋しくもあり、不便であり、そうかといってどうでもよいものがあり過ぎても邪魔になる。入用の書だけを蔵するといっても、それはまた際限のない話であり、入用の書と不用の書との区別が劃然とは附けかねる。書物一つでも、世の中なかなか思うように任せない。
森銑三・柴田宵曲「書物」岩波文庫 p.107

はたしてiPad vs Kindleの戦いのなかで「活字」はいよいよその物質制約から開放されるのか?
「書物」は読書や本の問題を網羅していて楽しい。

書物 (岩波文庫)

森 銑三 / 岩波書店


[PR]
# by heauton | 2010-01-30 22:44